フラッシュ脱毛とは、特殊は波長の光を専用の機器で肌に照射させて、その部位の脱毛を行うことができる施術となります。

 

光を当てることで脱毛ができるというのはなんとも不可解なものですが、どういった仕組みとなっているのでしょうか。

 

このフラッシュ脱毛で照射される光は、黒い色素に当たると反応して発熱するという特徴があるもので、私たちが普段から灯りとして使う光とは大きく性質が異なっています。

 

この特殊な光をフラッシュのように瞬間的に肌に照射すると、髪の毛が持つメラニン色素のみに反応して毛根部分が発熱して、髪を生やす根元の組織を壊すことができるのです。

 

発熱して根元を壊すというのはいささか怖い表現ですが、この熱というのは影響を及ぼす最低ラインの温度になるよう設定されているうえ、毛根部分の1mmにも満たない箇所しか熱を持ちませんので、肌にやけどを負うことがないのです。

 

肌を滑らせ光を照射する部分には温度を下げる機能も付いた機器もあり、家庭向け機器ではあまり見かけませんがエステサロンなどで使われるようなプロ使用の機材には必ず付いている機能となりますので、一瞬高くなった温度を再び一瞬のうちに下げることができます。

 

こうしたことからフラッシュ脱毛は肌への悪影響が限りなく低く抑えられているので安心感が高いといえますね。

 

加えて毛根部分にダメージを与えることから永久脱毛とすることができますので、一度施術を受ければその箇所からはムダ毛が生えてくることは無いのです。